楽々するり温茶がすごかったので口コミ投稿しました♪

楽々するり温茶っていうのを知ってダメ元で試してみたら、すごかったんです!本当に漢方を使って便秘を治すって健康的で、しかも持続します♪そんな素敵な体験をした楽々するり温茶をみんなにも紹介しちゃいます。

楽々するり温茶の飲み方や味、注意点について書いていきます!

 

楽々するり温茶の味

楽々するり温茶って漢方みたいだし、なんだか面倒くさそうですよね。

味なんかも気になるし、漢方=まずいイメージがあってダメって人が多いですよね?

 

この楽々するり温茶はそんなことはなく、シナモンの匂いがパーっと広がり嫌な感じはしません。

「漢方」というより「お茶」です。

 

温かいので体もポカポカしてきてあったまります。

 

楽々するり温茶の飲み方

f:id:takashi9n:20180310163005p:plain

 

お湯を沸かして、お茶パックにお湯をかけてすぐ完成!

 

簡単です!!

 

浸している時間によって濃度が変わってくるので、微調整ができていいですね!

 

f:id:takashi9n:20180310163021p:plain

 

 

これによってちょっと緩すぎたな~というときは少し薄めに、ちょっと硬いな~って思ったら少し濃いめに作っています。

 

どちらも味は美味しいです。

 

私はこれを二番煎じにして一日中飲んでいますが、多分二番煎じ目はあまり意味をなしていないかもしれません。このお茶の味が好きな方は二番煎じしてもいいです。

 

寝る前に飲んで、朝スッキリ出ることが多いようです。

私は頑固な便秘なので、日中も飲んでいることが多いです。

 

注意点一つ目・・・温かいうちに飲む

注意点の一つ目ですが、これは温かいうちに飲んだ方がいいです。それができなければ、魔法瓶水筒などに移し替えた方がいいです。

 

なぜなら、体を中から温めるということも便秘への良い作用になるようで、冷たいお茶が好きな方は多いかと思いますが、冷たいお茶だと本来の力が半減してしまうようです。 

 

注意点二つ目・・・お茶なのにお薬と一緒で大丈夫

 注意点の二つ目ですが、お茶だけどお薬の併用は大丈夫です。

原材料名

カッシアアラタ、鳩麦、赤芽柏(アカメガシワ)、難消化性デキストリン、桂皮(ケイヒ)、ハーブエキス末(デキストリン、桂皮、甘草(カンゾウ)、赤芽柏、茴香(ウイキョウ)、丁子(チョウジ)、生姜、金時生姜)、生姜、乳酸菌(FK-23)、ウコギ、肉蓯蓉(ニクジュヨウ)、金時生姜末

楽々するり温茶 サツマ薬局

 

お薬とも特に併用で問題はないようです。よくお茶と一緒に飲んではいけない薬というのはあるのですが、この楽々するり温茶はお茶の成分(茶葉)が入っていません。温茶という名前がついているだけであって、実際は漢方成分のみとなっているので特にそういう問題はないようです。

 

注意点三つめ・・・妊婦さんや授乳婦さんは使えない

注意点の三番目ですが、妊婦の方や授乳婦の方は使えないそうで、代わりのお茶があるようなのでそちらを使ってください。

CHOスッキリ+おん』という商品になるそうです。

 

多分、楽々するり温茶の方が優れているのだろうとは思いますが、妊婦さんは体のことが大切だからしっかり対応したものを使った方が良いです。

楽々するり温茶のサツマ薬局公式サイト